コーディング代行の基本的な流れをリアルに解説

コーディング代行の基本的な流れをリアルに解説 コーディング代行は初心者の方にとって、企業の指示通りにプログラムを記述する仕事だと思われるかもしれませんが、実際の業務は多岐にわたり、受注までのプロセスもより複雑化しています。

コーディング代行を依頼したい業者はまず、代行業者に依頼を出し、要件を満たした業者と業務契約を結びます。この時点で受注側の代行業者には企業のほうから案件定義書が配布され、同意が得られた場合は対応できるエンジニアに案件が割り振られることになります。

すでに顧問契約を結んでいる業者の場合は最初の契約プロセスが省略され、システムの変更点や改善点、新たに追加すべきシステムの概要などについてエンジニアとの間で何度も打ち合わせが行われます。

フリーランサーや下請けにあたる企業と委託契約を結んでいることが多く、必要に応じて案件を発注することで低コストに抑え、安心できるサービスを提供しています。

コーディング代行の納期は数日間から半年間と幅があり、大がかりなシステム保守になるほどトータルの報酬が高くなる傾向にあります。企業にとってもベーシックなコストが大幅にカットできるため、コーディング代行は効率の良いアウトソーシングのパターンとして定着しつつあるようです。

最新ニュース